100万円のキャッシングするとどれくらいの金利と返済期間がかかるか

お金を借りる時には、銀行か消費者金融でお金を借りなければなりません。
それにより、必ず金利が付いてくるので、返済する時には元金に金利を付けた金額を返さなければなりません。
そのお金を借りることをキャッシングと言います。
消費者金融会社の場合は、自分が申し込みをした金額が審査で通ればそれを限度額として返済することができます。
しかし、審査に通らない場合はいくらまでキャッシングが可能かどうかを判断して貸し出してくれます。
金利は、キャッシングした金額と完済するまでの期間により異なってきます。
例えば100万円キャッシングした場合に、年利が18パーセントだった場合は、1年間で18万円の利息が付きます。
よって、最終的に返済しなければならないのは元金の100万円と利息分の18万円で118万円になります。
もし同金額を半年で返済することができれば、利息は9万円となり、総額は109万円になります。
これが、年利10パーセントだった場合は、1年で110万円返済しなければなりません。
もし、半年だった場合は、利息は5万円で、総額は105万円になります。
しかし、完済する期間は自分が返していく金額次第なので、計画を立てる必要があります。
このように、金利については、元金と期間の関係が非常に深いために、自分の返済能力を充分に考慮して、借りる金額をなるべく抑えて、早く返済できる方法をしっかり考えてから借りることが大前提になります。
最初借りる時は、そこを視野に入れてキャッシングすることが、お得に借りるコツとなります。