キャッシングをする前に調べておきたい事:グレーゾーン金利

キャッシングの金利にはグレーゾーン金利と呼ばれるものが存在した時期があります。2010年の6月18日に貸金業法と出資法が改正されたことにより、現在では新規にキャッシングするときにこのような金利は存在しません。
法改正が行われる以前は、利息制限法では金利の上限を15〜20%(元本により異なる)と定め、これを超過した部分については無効とされていました。この超過分に対しては返済の義務はありませんが、任意で支払った場合にはその返還請求をできないとされていました(現在は廃止)。
また、貸金業法ではいくつかの条件を満たしている場合、利息制限法を超える金利でも有効とするみなし弁済という制度があり、返還請求を行えないとされていました(現在は廃止)。
出資法では上限金利が29.2%と定められており、これを超える金利でキャッシングを行った場合には刑罰があります。
そのため、貸金業者、特に消費者金融の多くでは、刑罰の対象にならない、利息制限法の上限を超え、出資法の範囲内である金利でキャッシングを行っており、この金利をグレーゾーン金利と呼びます。現在では出資法の上限金利は20%に引き下げられているため、グレーゾーン金利は消滅しています。現在でも20%を超える金利でキャッシングを行っている場合、その業者は闇金融業者になるため、利用は避けるべきです。
現在ではグレーゾーン金利での支払い分は過払い金として返還請求が認められています。貸金業者はみなし弁済が適用されると判断する事由があり、返還の必要がないと主張することが多いですが、これが認められることはほとんどありません。