キャッシングをする前に調べておきたい事:審査

キャッシングをする前にはまずどのような審査があるのかをきちんと調べておかなくてはいけません。
基本的に、キャッシングにおける審査はどこの金融業者であってもほとんど一緒です。
これは、キャッシングに適用される法律が銀行などの融資で適用される法律と全く違っているからであり、この法律によって一定の基準を設けてお金を貸さなくてはいけないようになっているためなのです。
具体的には、キャッシングには明確な限度額が存在します。
普通、銀行などの大手の金融機関がお金を貸すときには明確な限度額というのは存在しません。
金融機関が相手の適性を判断してそれに応じてお金を貸すことになっていますので、どれだけお金を貸すかは金融機関の判断になるわけです。
実際、個人に対する融資であっても住宅ローンなどでは数千万円と言うお金を借りることが出来ますし、それに関して制限が存在するわけではありません。
しかし、キャッシングには総量規制という規制が存在しますので、この規制の影響で年収以上のお金を借りることが出来なくなっているわけです。
総量規制は、融資の申請をしてきた人の年収を基準に上限額を設定する規制ですので、必要以上にお金を貸すこともありませんし、上限を設定するために必ず一定の収入が必要になります。
ですので、キャッシングでは在籍確認と言う所得の確認を行う審査が必ず存在しており、お金を借りるためにはアルバイトやパート何でも良いので一定の職に就いている必要があるのです。