(寺本さん(仮名)/20歳女性/島根県在住/職業:社長秘書)

普段の給料は大体その月の中で使い果たしてしまう事からも貯金が殆ど在りません。
急にお金が必要になった時など、親からちょっとだけ借りたりしていたのですが、そう度々お金を借りるわけにはいきません。
月々、貯金をするようには心がけているものの、急な出費などが起きてしまえば貯金をする間も無く給料日まであと数日と言う時も在りました。

在る時、消費者金融のキャッシングは比較的簡単に利用できると言う話を耳にして、お金を借りる事を考えたのです。
しかし、消費者金融のお店に行くのは何となく面倒ですし、怖いと言うイメージも在りました。

最近はインターネットを利用すれば、キャッシングの申込みから審査まで、来店不要で利用できると言います。
パソコンは自宅に在りますし、インターネットの環境も在りますので、インターネットを利用して消費者金融のキャッシングの申込みをしたのです。

とりあえず必要な額だけと考えたのですが、利用限度額は多くなるほど金利が低くなっているため、多くを借入すればその分利息も少なく済むのではと思ったのです。

キャッシングを利用すれば、貯金が無くても、急にお金が必要になった際には便利ですし、安心です。

しかし、申込みを行った所、年収が240万円しかないので、80万円までしか融資を受けられないと聞きました。
これは消費者金融が総量規制の対象になっているからなので、年収の3分の1を超える貸付と言うのは法律で禁じられていると言います。

尚、銀行は総量規制の対象外ですので、年収の3分の1と言った制限は在りません。